フードプロセッサーやロボクープを使用するうえでの注意点。

それは、必ずゴムベラを使用するということです。

攪拌していると、フードプロセッサーの容器の内側に、

材料が飛び散ってしまい、くっついています。それをゴムベラで丁寧に中へ

入れてあげて、全体がムラなく混ぜ合わさることが大切です。

底の部分もそうです。

1ミリ弱でしょうか、どうしても少しだけ混ぜ合わさらない部分がありますので、

その部分もしっかりゴムベラでとってあげます。

要するに、「ガーッ」と混ぜるじゃないですか、

数秒混ぜて、機械を止める、ゴムベラでムラなく混ぜる。

また数秒間、混ぜる、再び機械を止めて、ゴムベラでムラなく混ぜる。

という行為をすることで、しっかりとした上質の生地が出来上がります。

今日のレシピでいば、ハンバーグのたねですね。

他の料理や生地を作る時も一緒です。

同様の混ぜ方をしてあげてください。

ただ、十分に気を付けなければならないことがあります。

それは、フードプロセッサー ロボクープの刃で、

ゴムベラにキズが付いてしまう事です。

キズがつくだけならまだよいのですが、

切れてしまって、材料の中に、ハンバーグのタネの中にゴムベラの破片が入ってしまう事です。

ご家庭ならまだしも、もし業務用でしたら大変なことになってしまいますから、

十分に気を付けて下さい。

ゴムベラのゴムの部分をフードプロセッサー ロボクープの刃に当てない事。

忘れずに実行してくださいね。

フードプロセッサーで簡単ハンバーグ
フードプロセッサーで簡単ハンバーグ

料理名:ハンバーグ
作者:Jrとmc

■材料(4人分)
牛切り落とし肉(少し豚肉でもOK) / 500g
玉ねぎ / 1個
食パン(6枚切り) / 2枚
卵 / 2個
ホエー(無い時は牛乳かヨーグルト) / 30ml位
塩コショウ / 2振りくらい
とろけるスライスチーズ / 2枚

■レシピを考えた人のコメント
ミンチ肉、パン粉がなくても
フードプロセッサーがあれば簡単にできました。

玉ねぎのみじん切りも簡単

詳細を楽天レシピで見る
━━━━━━━━━━━━━━━━━━…
↓↓ ポイントが貯まるレシピ サイト ↓↓
>>最短約 30 秒!▼無料▼会員登録<<
━━━━━━━━━━━━━━━━━━…







洋食系の「出汁」フォンドボーはお店の料理の『生命線』です。詳細の動画解説


業務用のフォンドボーをお探しの方はこちらです。




こんなフォンドボーは市販では見つからない!! プロが見ればひと目でわかる。冷蔵するとゼラチン質で固まっています。動画で確認できます。



この世で一番美味しいビーフシチューができます。煮込み料理で、使う場合は、500gのブック型。業務用は1kgサイズもあります。動画をご参考に。




『KWBフーズのフォンドボー』を使用してソースを作ってみました。

それがこの動画です。フォンドボーを使った「ペッパークリームのステーキソース」の作り方。




命のだしシリーズ”>命のだしシリーズ一覧をご覧ください。


関連記事

サイト内検索



人件費・光熱費が大きな負担では?
KWBフーズの業務用ソースで解決します。
コチラから





画像をクリックすると詳細が見れます。

====================================
命のだしシリーズ フォンドボー (ブック型) 500ml (冷凍) (内税 送料別) 1500円

フォンドボー


500g 送料別 1500円

          

ビーフシチューなど、煮込み料理に 最適な出汁(フォンドボー)です。
市販の缶詰などとは、比較にならないほどの 最高級の料理に仕上がります。
アマゾンのレビューにも書き込まれていますが ホントに美味しいビーフシチューになりますよ。
業務用で使用する方が増加中です。


====================================


下記は清潔に使えるキューブ状です。

命のだしシリーズ
 フォンドボーキューブ
冷凍 500g 送料別 1600円

フォンドボーキューブ



500g 送料別 1600円

      



ページ上部へ戻る